ばかおもちゃ本店:Youtube twitter:@sashimizakana Amazon.co.jpアソシエイト

2019年1月15日火曜日

モックをいっぱい作って出さない

仕事ではかなり作業が早い人間である。知能や技術力では人より優れたところがあるわけではなくても、その生産力という武器があるおかげで、なんとか食ってこられたと言っても過言ではない。プログラムだろうが、発表資料だろうが、マニュアルだろうが、手順書だろうが、とにかくさっさと仕上がる。指摘事項があればすぐに直す。

趣味では、全然生産力が足りない。たまに思い出したように毎日作ったりするけど、普段は全然作れない。これは本当に自分を十数年という単位で苦しめてきた問題で、別に、時間がそんなにもないとか、疲れ果てているとか、憂鬱でやる気がないとか、ネタが完全に切れているとか、そういうこともないのに、漠然と作れない。
原因がはっきりしないので、根本的に解決できたことはない。
たいていの場合、何もできていないと思ったら、クオリティを下げてでも出そうと考えることで、なんとかやってきた。しかしその効き目も一時的なものだ。いつの間にかまた作れない時期が来る。
たとえば風邪を引いたとか、そういうちょっとタイミングを狂わされるようなことがあってさっぱり作り方がわからなくなる。動画を取るとか自分がやっていたということが信じられないくらいさっぱりわからなくなる。
これは驚くべきことに、仕事とまったく同じプログラムですら、趣味だと進まなくなる。簡単にそうなる。毎日毎日やっていて、多少周りがうるさかろうが、割り込みが入ろうが、仕事ではどんどん進むようなあのプログラムが、家では進まない。

もちろん家では金が貰えないというのはあるし、仕事場では強制的に仕事をやらされるということはあるとは思う。しかし別に会社にいるときだって、そんなに強く、これを書いたら金がもらえるぜ! と思ってるわけじゃないし、ぼんやりしていたって何を言われる訳でもない自由な職場なので、強制力が強いわけでもない。

では何が違うのか、と考えると、そもそも仕事で働いているときは、自分は取り掛かるのがなにより早い気がする。考えがまとまるより早く手を動かして文章やプログラムを書き始めているし、ちゃんと考えるのはそれで具体的な検討事項にあたったときか、どうしてもうまくいかないとき、それから出来上がったあとだ。私はたいていのものを作って出来上がったものを見て検討しようと考えていて、だから考えるより先に作り出すという習性がある。もちろんそのために手戻りが発生するので、出来る限り業務を早く進める必要があり、結果としてやたらと早くあれこれを仕上げられるようになったのではないか。

反対に、遅い趣味のあれこれの場合、自分は出来上がりを見て検討していない。
というか、自分の生産力が趣味において非常に低いということが大変気になっているので、多少出来が悪くても出していこうという気持ちがあるために、出来上がり=公開みたいな状態があり、そのため逆に作っている最中や作り出す前に非常に大きく悩む。作り始めたら公開が待っているのだから、ちゃんと作らないとだめだと感じてしまう。これは悪循環だと思う。

思うに、モックを作る、モックを作ってから考えてみる、ということを趣味でも習慣化してみるべきなのかもしれない。この文章でも実際最初から最後まで一気に書いていて、結構今現在消耗している感じもあり、この疲れた感が次へのやる気を奪っているんじゃないかという気もある。本当は、思いついたことを何ワードか書いて、適当にインデックスみたいなものを書いておいて、作り上げた気持ちになって、あとから埋めたほうが楽に良いものを作れたかもしれない。

そういうわけで、人に見せるわけではない、本当に適当にざっくり作ったものを、ひとまず作っていこうかなと考えている。それはたぶん全く完成品には利用できないくらいに離れたものでもよくて、1時間以内くらいでひとまずできちゃう、みたいなものを目指して行きたい。とにかく複雑なことを考えず、難しくなく、検討をするためだけの模造品を作っていきたい。
これを続けることで、仕事で持ってるような生産力が、趣味でもいつでも行使できるようになると良いなと思う。そうなれば、はるか昔に諦めた小説家の夢だって、案外手の届くところにあるかもしれない。ないかもしれないけど。



HGBF 1/144 ハイモック (ガンダムビルドファイターズトライ)
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) (2015-01-24)
売り上げランキング: 42,543

2019年1月12日土曜日

1PasswordからEnpassに乗り換えた

パスワード管理ソフトに昔から1Passwordを使っていたけど、最近はやや不満なこともあった。現在の1Passwordは月額性になっていて、私の昔買い切りで買ったバージョンはすでに古く、いつまでちゃんとサポートされるのか不透明で、なによりChrome拡張がやたらと遅い。
そんなこんなで、Enpassというソフトに乗り換えた。

EnpassはPC版だけなら無料で提供されていて(Windows Helloとかダークテーマを使えるプレミアム版もある)、スマホ版アプリを使うときだけ600円ちょいの買い切りだった。これは1Passwordから考えるとかなり安いんだけど、機能は殆ど遜色ない。Dropboxとかを使ってのパスワード共有もできるし、ブラウザ拡張から利用・追加・更新
も出来る。Chrome拡張の速度も軽快だった。

1Passwordからの移行はCSVエクスポート・インポートで可能で、さっさと終わった。ただEnpassに取り込むと各ログインのタイトルがすべて失われてしまったので、200近くあるアカウントのタイトルをすべて手打ちしたのは辛かった。ともあれ、完全に乗り換えもできたし満足である。

2019年1月8日火曜日

水木しげる全集のガイド本

水木先生の漫画は完全に全集になっていてkindleで買える。
ただ、細かい作品とかは全集は多すぎてどこに収録されているのかよくわからず、ついつい個別に買ったりもしていたのだけど、全集のどこに何が入っているかという本が無料で配布されていることに気づいた。


うわ、これなら完全に全集で買うべきだったじゃん!
となっている。

不可能とはわかりつつ、steamのバンドルみたいに持ってるやつの値段はさっぴかれたら便利なのにと思った。

2018年12月26日水曜日

プログラムの書き方

もう昔のプログラマの引退だとか言われる年齢も通り越して、職場ではいつのまにか偉そうなツラをしている。それでも人見知りや、あんまり説教くせぇやつもうざいよなみたいな思想が変わるわけでもないので、職業上行うべき仕草みたいなものを簡単な文書にまとめて、勝手に読んでくれと社内共有用のシステムに投げたりしている。
それでなんとなく思ったのだけど、実際にプログラムを書いたり、システムを作る部分の説明というのはとっても難しい。実際の作業以外の、たとえば打ち合わせ上のコツ(議事録の書き方とか、合意の確認の仕方みたいなの)は、自分もまったく得意でない状態から必要に駆られて習得したので、そのやり方やノウハウを明文化できる。
ただ、実際の作業は、なんだかうまく書けない。

これは、小説でも絵の描き方でも粘土のこね方でも、非常に自分は似通った感じを持っていて、それは「手が知っている」ということだと思う。科学的じゃない言い方だけど、私はそのように何かを作る作業というのを捉えていて、とにかく全行程を通して、自分がそれに触れて、出来上がった何かを吟味して、こういうはずではなかったと思って、直すべくそれに触れて、やはりこうでもないと思って、さらに直して、どうにか近づけて行くという作業を延々繰り返していく中で、やがてをれを手が知るという風に感じている。
もっと頭が良ければ、それを合理的に説明できるのかもしれないけど、私には、「そういう感じ」としてしか認識できない。逆に、私は何かを学ぶときに、頭でわかりそうもない場合、いつでもそのアプローチを採用しているということだ。

まずは全プロセスを、教本を片手にでも良いからやってみて。
次に教本がない状態でやってみて。
自分でぱっと思いついた課題をこなしてみて。
この完成品で良いか、と自分に問いかけて。
直して。
直して。
直して。
すると、そのうち自分が明らかに技術を身に着けた瞬間を感じる。
(もっともこれはこのあと何回も来るし、どんどん遠くなっていく)

私はそれが来ることを知っている。
自分に多少はそれが出来る、みたいな状態になることは積み重ねさえすればどうにかなると思っている。才能云々というのは、もっともっとはるかに高いレベルを目指す場合の話で、素人の手習い程度になることは、そこまで才能とは関係がない。

でも、職人の徒弟じゃないんだから、それをそのままやれというのはなかなかに難しい。説明義務の放棄という気もする。だから非常に些末なTipsみたいなことを書きつつ、どうしたものかなと思案している。




The Art of Computer Programming Volume 1 Fundamental Algorithms Third Edition 日本語版
Donald E.Knuth
KADOKAWA (2015-06-26)
売り上げランキング: 135,850

2018年12月25日火曜日

自分のコンポーネントでもv-modelを使う

通常のinputに何か付加機能みたいなものを付けて、コンポーネントとして提供する、というようなことはよくあるのだけど、その場合も、普通にinputにするみたいにv-modelを使って値をやり取りすると良い。

コンポーネントでv-modelを使う

Vueは公式ドキュメントが非常に良く出来てるので、それを見れば良い。
良いのだけど、かいつまんで書いておくと、v-model="data"は、:value="data" @input="data = $event"  の糖衣構文なので、コンポーネント側ではpropsにvalueを定義して、valueの変更が行われるようなときにはthis.$emit('input',value)みたいなイベントを発行すれば動くという話。

公式のサンプルみたいに、value(v-modelじゃなく)にバインドして、inputイベントをそのまま親に投げ直すというやり方でも良いし、computedのget,setを利用してみても良いかなと思う。以下のような感じ。


See the Pen v-model by 餅屋 (@omochi) on CodePen.




Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
技術評論社 (2018-09-22)
売り上げランキング: 3,768