ばかおもちゃ本店:Youtube twitter:@sashimizakana Amazon.co.jpアソシエイト

2020年7月1日水曜日

向いてなかった。良かった。

ごく短い作品でも打ちのめされるようなものを作る人がいて、そういうものを見るたびに、まったく自分の作っていたものの先にこういうものは無かったと思う。だからまったく自分は向いていなかったなと思う。意図したことじゃなかったけど、やめて良かったようにも思う。
あるいは、やめたからこそ、こういうものを、無駄な技術への執着なしに書こうとすることすらできるのかもしれないとも思ったりする。超ポジティブ。

2020年6月26日金曜日

vue-cli-plugin-electron-builder+sequlize+sqlite3をつかう

調べるとあれこれ方法は書いてあるんだけど、たぶんバージョンとか環境ごとに微妙にいろいろ違うっぽくてうまくいかず、いくつか試して一応動かせた。ちなみにElectoronのVerは9。

  1. npm install --save sequelize sqlite3
  2. npm install --save-dev electron-rebuild
  3. ./node_modules/.bin/electron-rebuild  -f -w sqlite3
  4. vue.config.js のexternalsを追加
module.exports = {
  pluginOptions: {
    electronBuilder: {
      externals: ["sequelize"],
    },
  },
};


2020年6月4日木曜日

SBH82DはWindows10のPCのヘッドセットとしては使えなかった

SBH82DっていうSONYのヘッドセットを買った。



耳をふさがない形なので、つけてる間も周りの音が聞こえるし、テレビ会議なんかに使えるかなと思ったんだけど、困ったことにWindows10と接続するとヘッドセットのプロファイル側(HFP)が、Windowsからは認識されて音も出力されてる(インジケータが動く)のに、全く何も聞こえない(マイクは生きててちゃんと動く)。
ネットで調べると、そもそもスマホ用のものでPCとは接続できなくても知らないみたいなことをサポートから言われたってんだけど、それだとHFPの標準規格に準拠してるって謳ってるのはどうなんだよという気もするが、とにかく使えない。
何度もデバイスマネージャからデバイスを削除してみたり、ちゃんと動くA2DPのほうだけ一旦消してみたり、やれる限りのことはやってみると、時々つながったりもするんだけど、一度切断するとまたつながらなくなるし、同じ手順で復帰させようとしても再現しない。
イヤホン自体は結構いい感じなのに非常に惜しい。

ただ、そもそもBluetoothでWindowsにつなぐとマイクの音質が酷いという問題があるのと、自宅にはあれこれマイク類があるので、電子会議システムのデバイス設定なんかで、出力側はA2DPの音質の良いものをSBH82Dから鳴らして、入力側は普通のマイクを使うというやり方でも良さそう。

2020年5月26日火曜日

緊張感

割と趣味とか興味の範囲が自分と近しい業種にうつってから、長らく忘れていたけど、もっと会社で喋るのには緊張感があったなと思い出した。工場とか、スーパーで働いているときは、同年代でも無ければ、まず普通に話が通じるかというか、その人にはどういう切り口で話せば話を聞いてもらえるかみたいなことを考えていた。
今の職場なら、ある程度理詰めで温和に喋ればそこまで失敗することもないけど、それはある程度同一の価値観の範囲内にいるからで、理屈なんぞ正しくても、いきなり喋りに来たからという理由だけで全く聞いてもらえなかったりとか、知らないやつだから聞いてもらえないとか(同じ会社の人でも)、そもそも理屈で喋るやつは気に食わないとか、そういうことは普通にある。これは良し悪しではなくて、ただ、ある。
私はコミュニケーションスキルが高い人間ではないから、そういう諸々はとても苦手ではあったけど、なんとなくそういう全く自分とは違う手順で行われるコミュニケーションみたいなものが、案外嫌いではなかったような気がする。
どういう理屈でこの人は物事を考えているのか、その理屈の中では自分はどんな風に見えてるのか、そういうことを考えながら喋るのは割に楽しいことであったような気すらする。その当時にそういう緊張感を楽しめていたかというと、ちょっと自信がないけど、今思い返せばそういうものも懐かしく感じる。

2020年5月22日金曜日

特になにもない

ちょっとなにか書くことを続けようと思って、何もなさに驚いている。ここまで何もないってこともあっただろうかという感じである。これは自分が老化してきているせいなのか、一日在宅勤務で気が散るということが少なすぎる生活をしているせいで、正面にある問題解決以外の何もできなくなっているのか、その両方なのか、驚くほどに何も思いついていない。
首都圏以外はもう緊急事態宣言も終わるそうで、このままちょっとした数ヶ月の停滞があっただけみたいに記憶されていくのか、それともこのあとも何度か揺り戻しのように都市が閉鎖されたりすることが続くのか、あるいはそれが習慣のようになった世界で生きてくのか、案外これ以上経済的に持ちこたえることは不可能になって、病気があることなんてどうだって良いことだと開き直って普通に生きていったりするのか、私には全然分からない。
しかし、生活というのは続くのだろうし、続くのであれば、ある種の陽気さとか、創作性でもって、楽しくやっていくことはできるんでないかな。