ばかおもちゃ本店:Youtube twitter:@sashimizakana Amazon.co.jpアソシエイト

2019年8月16日金曜日

そういえばXP-Pen Artist15.6を買っていたのだった

6月頃にXP-PenのArtist15.6という液タブを買っていて、表面にフィルムを貼ってみたりはしたのだけど、それ以降ほぼ全く絵を描かずに過ごしていた。さすがに金の無駄かと思って引っ張り出して使ってみたけど、こりゃいい。他の液タブを使った経験がないから比較なんかはできないけど、タブレットよりずっと良い。もともと私はアナログで絵を描く人間で、絵の具の感じとか、実際に物として残るということが好きで描いているから、デジタルで絵を描きたいという欲求は非常に低いのだけど、それでもこれは良い。


今までデジタルで絵描いてきたなかで一番楽しかった気がする。ペンタブでもそんな変わらんやろ、と思っていたけど、触れたその場所に色が展開されるだけで、こんなに気持ち良いものかと思った。頭が騙されて、絵を描きたいという欲求が満たされすらした。
前に普通のAndroidタブで絵を描いていたことはあったのだけど、スタンドで置いてたり、ペーパーライクなフィルムを貼ってあったりするせいか、そのときよりぐっと良かった。



2019年8月12日月曜日

全共闘以後/外山恒一を読んだ

69年入学でバリケード封鎖されてたせいで受験できなかった(ので別の大学に入り母と出会った)という父を持つ私としては、学生運動周辺の話というのは、ずっと気になっているものではあるのだけど、そのあたりについた本はどれも難しそうで、なかなか手の出しづらいところではあった。
全共闘以後は600ページ超というボリュームながら、筆者の優れた文章力とユーモアで、小説を読むようにするりと読めた。また構成としても、冷静かつ分かりやすく全体の状況を述べているパートと、外山恒一本人とその周辺についての自伝的な部分とでコントラストというか、手触りの違いがあって、それがまた飽きずに読める要因になっている。

外山恒一というのは、世間的には都知事選の演説のことばかり記憶されているようだけど、個人的にはWeb上で読める氏の著述を見てからは、その文章力と知性がもっと世に広く知られるべきだと思っていたので、こういう本が出たというのは、大変素晴らしいことだと思う。


改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
posted with amazlet at 19.08.12
イースト・プレス (2019-01-17)
売り上げランキング: 85,668

2019年8月3日土曜日

筆記具、夏

会社ではノートPCも支給されているし、ほとんど誰も彼もノートPCにメモを書いたりしているし、自分もそのようにする部分はあるのだけど、基本的にはノートにボールペンで書き込むことの方が好きで、可能なときはそうしている。
図やリストを好きなように書けて楽しいし、むしろなんでみんなノートに書き込まないのか、ということは少し不思議なくらいだ。たぶんあんまりみんなペンで何か書くことが自分が感じるほどには心地よくないのではないか。

とはいえ、愛好者自体はいっぱいいるのだと見えて、ノートもペンも次々新商品が出るし、定番のものですら非常な数がある。そんなわけで、定期的にノートやペンを変えている。気分が変わると、それだけで自分の作業が何か変わるようで、うきうきしてくる。

最近使い始めたのはマルマンの方眼のA4レポートパッドで、プログラムを書くときに図やリストを書くと便利だ。そういえば、専門学校の先生がプログラマのノートはA4のほうがフローチャートとか書くときに広くて良い、と言っていた。私はフローチャートを書きはしないけど、たしかにA4くらいの広さがあると、じょっとした画面デザインなんかを書いていてもまだまだ広くて便利だ。

ペンもノートに合わせて細めのものにしようと思って、ゼブラのブレンという最近よく見るなめらかに書けるのがウリのボールペンにした。私はこの類で言うと、ジェットストリームがつるつるしすぎてて苦手なのでどうかなと思ったのけど、これはちょうどいい感じで使いやすい。何よりデザインが気に入っている。
ただ、グリップの部分がめちゃめちゃホコリが付きやすいタイプなのがちょっと嫌。



2019年7月29日月曜日

時間術大全という本を読んだ

自分はあんまり時間に困ってねえな、と思った。

この本がちょっと面白いなと思うのは、目標とタスクの間くらいの粒度の、ハイライト、というやつを設定すべきということと、適宜チャージをしていかないと週の後半には息切れするということで、これは非常に自分の実感にも近い。
私の仕事は自社で使うための業務システムを書くというもので、この時間術で言うような割り込みや大量のタスクというものは降ってきにくくなっていて、うまくいくと一週間ほぼ割り込みなく同じシステムを開発していたりできるのだけど、それでも集中力を高めすぎた状態で行くと間違いなく木曜・金曜くらいは何もやれなくなるということがある。
私の個人的な解決策は、集中力が上がり過ぎそうになったらそれを止めるということで、「集中しすぎだから、ゆっくり行こう」と継続できる速度に落とすという感じだ。書いてるときに問題から多少目をそらして薄目にして(実際に薄目にする)、手の動くに任せたりする。ただこの辺、あまり共感を得られたことがない。

それ以外ではそもそも集中できないと思ったことはないし、テレビも見なければSNSもツイッター多少見るくらいなのでそもそも困ってるということがない。ハイライトを書くというのは結構良いなと思ったので、それはやってみようかなという感じ。



時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」
ダイヤモンド社 (2019-06-20)
売り上げランキング: 326

2019年7月26日金曜日

寝る前に考えて

もう十年以上も、毎日毎日寝る前に何かイカしたアイデアとか、面白い物語とか、いいデザインとか、そういうものを考えて、ひとつだけ得た答えがある。
まず思いつかないし、もしかしたら思いついてるのかもしれないけど、この状態で何か見つけたとしても寝たら忘れる。無駄。

あるいは思いついているときも本当にあるんだけど、思いつているときは眠れないので眠れるときに考えるのは多分無駄。それとも思いつくから眠れなくなるのかな。でもどっちにしろ寝なきゃいけないんだし、寝る前に考えないほうがよいね。多分。