ばかおもちゃ本店:Youtube twitter:@sashimizakana Amazon.co.jpアソシエイト

2017年12月10日日曜日

子供といっしょにOvercookedをする



自分の好きなゲームを誰かとやるっていうのは、ずいぶん久しぶりだなと思った。
子供の頃にあたえられたゲームがPCゲームだったので、たいていゲームの相手は兄だった。それは本当に楽しかった記憶なのだけど、当時のPCゲーにはさほど多人数プレイや、協力プレイのものは多くなく、私と兄がある程度成長してからはあまりそういう機会もなくなってしまった。
その当時のPCゲームというのは大変にニッチな趣味であって、私は他人とゲーム体験についてあまり共有できず、そのうちそもそもそれを求めることもなくなった。ゲームは一人でやるもんだ。

ただ、子供ができてからは、ぽつぽつ協力ゲーをまたやるようになった。
海外ではCOOP(協力プレイ)のゲームが日本より人気なこともあり、steamのインディーズゲームにも優れたローカルCOOPを備えたゲームがいくつも有る。Overcookedはコンシューマにも移植されたゲームで、めちゃめちゃな環境下で料理を作るゲームだ。楽しげなゲームだが一人でやると結構面倒くさい。

発売当時に買ったときはまだ子供が小さくて、たとえば「たまねぎ取ってきて!」と言っても、それをどこに置けば良いのかわからなかったりした。つまり「たまねぎを一つ取って、お父さんのキャラクターから取れる位置のテーブルにおいて」、という指示をちゃんと明確にしなくてはならなくて、クリアのためには私は細々指示を出し続けなくてはならず、本人は延々細かく指示され続けなくてはならず、あまり楽しめなかった。

それが今ではざっくりした指示でも良いどころか「こっちはぼくがやる!」なんて作業を進めてくれる。子供の成長は目覚ましい。また、相手の様子を見ながら、作業をフォローしていくとうまく回ってきてゲーム自体も楽しくなってくる。

家族とゲームをするなんて懐かしい。
子供を見ていると、そこに遠い日の自分が居るのを感じる。

2017年10月12日木曜日

ゲーム実況動画を50本作ってみた

オッサンになってから、時間の経つのがマッハであって、ついこの前ゲーム実況動画を録り始めて、とりあえず50本くらい録ってからその後どうすっか考えるか、みたいなことを書いた。どっこい、気づけば、Youtubeでまだ公開してないものも含めると、すでに50本に到達した。途中から子供の要望で一日二本にしたせいもあるが、あっという間だ。

https://www.youtube.com/channel/UCA7yJL7yAjw0vozazBU6PxQ

それで何かわかったか、というとまだ正直あまり分からない。一応、動画で喋るということへの違和感がほぼなくなった。それまで自分の録音した声が苦手で、イーッ、ってなってたけど、50本も録ったら全く普通な気がする。いい声ではないだろうし、オタクっぽい喋り方だけど、それが自分である以外の感慨がなくなった。
たとえば普通に人と喋るときのように、特に気にせずに喋ることができる。

この勢いがあれば、以前やってみようとして途中で諦めた、日々の工作とかを適当に日記のように喋るみたいな動画も作れるんじゃないかと思っている。とにかく喋って何かをするということへのハードルが非常に下がった。

ただ、それ以外は、何も上手くなっていない気がする。もうちょっと喋るのがよどみなくなったり、滑舌良くなったり、明るく喋ったりできるようになるかなと思ったけど、特にそういうこともない。
しかしこれは、まだ初めたばっかだからじゃないかと思う。それに子供に時々聞いてみても、毎度ちゃんと見ているというし、続けて欲しいみたいなので、もう少し自分に成長の兆しが見えるくらいまではやってみようかなと思う。

2017年10月1日日曜日

嫌な思い出と別れた

誰だって過去を思い出したら恥ずかしくなるような思いとか、あいつ許さないと思う屈辱とか、涙が出るような辛い思いを抱えていて、折に触れてそれを思い出して憂鬱になったりするもんかなと思う。すくなくとも自分はそう。
ただ、つい最近、同じようにそういう思いが心をよぎったときに、ほぼ何の気なしに、「まあいいや、どうせ一生会わないし、許すわ」と、そんな風に思ってみた。そうしたら、その記憶が急速に自分の中で風化してくのを感じた。多くの、普段は思い出すことのない思い出に並んで、記憶の中に埋没していった。思い出すことは出来るけど、他の過去と同じく、手触りや痛みを伴わないただの記憶になった。
あるいはそう思えたこと自体が自分の成長とか、傷の風化があったからだ、ということなのかもしれない。ただ、それから他にも思い出したくないことを心から引き出しては、「いやいや、別に良いや。どうでも良いことだよ。こいつも多分悪気なかった」とか、「嫌な奴だと思ってたけど、楽しかった瞬間もたぶんあったよな」とか、実際のところ今でも、まったく心にもないことを、おまじないのように唱え続けていたところ、どんどん嫌な思い出が減っていくのを感じる。

単なる推測でものを言えば、ああいう、折りに触れて嫌なことが蘇るのは、それを脳が「重要なことだから忘れないで反芻しなければ」と感じているからではないか。たとえばふぐを食べて死にかけたとか、熊の巣に入って食われかけたとか、そういうことは嫌な記憶だったとしても、決して忘れないように記憶の先頭の方に並べておく必要がある。そうしておけば、次に魚をとったときに「これはふぐではないか?」と考えることが出来るし、穴を見つけたら「まずクマを確認しよう」と思えるからだ。
強い感情は、それだけそれが重要なことだった可能性が高い。だから、その記憶に同じ感情を覚え続ける限りは、どこまでもそれが残っていくのではないか。
それならば、それがもう必要ないということを心に命じれば良い。
強い感情を持たないようにして、穏やかに、すげーどうだっていい話だと思いこめば良い。

実際のところ、どうだって良いことだったのだ。
あるいは真剣にどうでも良くないことも含まれているが(残業代1円ももらえなかったとか)それを自分の心に深く打ち付けておいても、もはや何か変わりようがないということでいえば、どうだって良いことだった。
あんまり嫌なこと忘れてしまうのも、自分の人格形成とか、生き方としてどうか、という気もするが、今や完全にオッサンと呼ばれるような歳になっている。いつまでも若い頃の辛かった記憶を引きずって行く必要もないだろう。
図太く生きよう。

2017年9月27日水曜日

ゲーム実況と録音機材

子供のために勢い余ってゲーム実況を投稿し始めてから、じきに二週間。一日も休まず動画を投稿し続けている。というか真面目にやればもちろん大変なことはあるのだろうけど、自分くらいに力を抜いている限りゲーム実況撮るの非常に簡単である。もともとゲームなんてほぼ毎日やるので、それを撮影して適当なこと喋ってるだけだ。
もちろん何かやるのであれば、より良くなっていきたいというのが私の願いであり、楽しみであるので、ちょびちょびではあるが録音環境や動画作りを工夫し始めている。
コンセプトはゆるく、とにかくめちゃめちゃ楽に、である。

最初にどうにかしなければと思ったのがゲームの録音環境で、それまでAmazonで買ったどこのものか知れないコンデンサマイクをbehringerのミキサーに挿して使っていたが、これはゲインを上げるとホワイトノイズがひどかった。大河のほとり、みたいな音がしていた。テレビの砂嵐放送中であった。
ノイズを乗せないためにごく小さな音で、それなりに声を張って、動画撮影後にAudacityでノイズ除去をして音量を上げていた。これがせいぜい十分程度のこととはいえ面倒くさい。動画を撮って、動画から音声だけ出力して、ノイズ除去して、音量を適正にして、動画に戻す、である。つらい。

ただオーディオに関して何の知識もないので、どこがまずいのかもよくわからず、まずはミキサーをYAMAHAのAG03にしてみた。これは格好いいしbehringerのミキサーよりわかりやすくてよかったし、ついでにつないでるモニター用のヘッドホンの音質がバキッと向上して低音が良い感じになったなどの利点は有ったが、ホワイトノイズはさほど軽減しなかった。



じゃあやっぱりマイクか、ということで割と廉価ながら評判の良いマランツプロのMPM-1000というマイクを買った。そしたら、バキッとホワイトノイズが止まった。もちろんかなりゲインを上げれば、なんとなく環境音のようなものは聞こえるが、それまでの「ドザーッ」という音から「ゴワー」みたいな納得いく感じの音になった。わかりにくいと思うけど、とにかくノイズ除去使わなくても問題ない程度の音になった。ゴワー。



そんなわけで、もはや動画撮って、頭と最後切るだけで出せるようになった。

それから動画のサムネイルも、それまでいちいち毎回手書きでタイトルを書いていたのだけど、外国のゲーム実況のサムネイルで、自キャラっぽいものを毎回ゲームごとにアレンジしてはめ込んで、パート数のみ書いてるやつを見つけて、マネすることにした。



それでこんな感じになった。画面の真ん中も見えるし、なんせ楽だしお気に入りである。
最初の方で作った奴が統一感がないので、ゆくゆくこっちによせて直したい。

実況そのものの喋り方が、もっとも大事なのだろうなと思いつつ難しい部分である。
子供が見ているので、自分も自分の実況をなんとなく見ることがあるが、モシャモシャ喋っていたり、早口すぎたり、説明が多すぎたり、おおよそ今までの人生で指摘されてきたあれこれを確認出来て、なるほどなぁという感じである。
それから、子供に喋るのだから、できれば優しく、かつできるだけ敬語などになりすぎず親身な感じで喋りたいと思っているのだけど、これが最も難しい。本当に子供が横に立っていれば別に意識せずにそのようになっているはずだが、一人きりでそれをやるのは全く慣れず、動画内で敬語なのかタメ口なのか分からない微妙な語尾になっている部分があるが、そんなところで右往左往しているときである。だって息子以外も見てる人居ないわけではないし、失礼すぎないか俺、とか葛藤が色々ある。
最近はやや開き直って丁寧語で喋っているが、子供に違和感があると思われてもヤなので、なんとか技術としての失礼にならない感じのタメ口みたいなものを習得していきたいなと思う。

それから、実際にやってみると思うが、もっと動画を見ている人に対して話しかけるような感じの方が良いのかなと思ったりもする。ゲームだけやっている自分が独り言を言い続けていると、なんとなく取り付く島がない感じがあり、そう思って見てみると実況が上手な人は、まるで見ているこちらがその部屋にいるみたいに親しげに話していたりして、こういうのも技術であるなあと感心することしきりである。

この辺は、なんとなく仕事のプレゼンとかにだって役に立ちそうなことではあるので、ちょっとずつ上手くなっていきたいなと思う。まあプレゼンとかしないけど。

目標としては、とりあえず50本くらい動画を上げてみようかと思う。上述のとおり、動画を撮るのは本当に楽なので、やろうと思えばどれだけだってやれそうだし、子供が飽きない限りは辞め時というものがないのだけど、ひとまず最初の目標としては50本上げる。それで喋るのがちょっとは上手になったかとか、何か別の楽しさがあったかとか、そういうことを考えていけばよいかと思う。

最後に。
ごく少数でも、いつも見てくれている人が居るみたいで、本当に励みになるなぁと思っている。これは普通の工作動画でもそうだけど、誰かはわからないし、声が聞こえてくるわけでもないのだけど、そこに誰かが確かに居る、ということがいつも自分の糧になっている。私は中学生の頃から、日記を書いたり、詩を書いたり、小説を書いたり、絵を描いたり、プログラムを書いたり、動画を作ったり、そのときどきで好きなことを20年近くWeb上に撒き散らしてきて、良いとき悪いとき色々あったけど、ずっと続けてきたのは、やらずにはいられないとかいう格好いいことじゃなく、誰かに褒めてもらえるからというほど積極的なことでもなく、静かに静かに、ただネットの向こうには自分の作品をなんとなく気に入って見てくれる誰かがきっと居るという希望からだと思う。
こんなに嬉しいことはない。



YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル AG03
ヤマハ(YAMAHA) (2015-05-31)
売り上げランキング: 194


マランツプロ コンデンサーマイクロホン ウィンドスクリーン・スタンド・XLRケーブル付属 MPM-1000
マランツプロ (Marantz Professional) (2016-07-13)
売り上げランキング: 1,043

2017年9月15日金曜日

Cook, Serve, Delicious! 2!! が発売されたのでゲーム実況を始めた

食べ物ゲームが好きだ。ゲーム内に食べ物がモチーフになってるだけでも嬉しいけど、食べ物を作るゲームならもっと良い。いくつか好きなゲームはあるけど、中でもCook serve deliciousは今までの食べ物ゲーでも一番くらいに好きなゲームだ。
ゲームのUIなんかは俺の料理に強く影響を受けている感じがあるけど、中身は全く別の楽しさを作り出していて、とってもいいゲームだ。その2が何度かの発売延期を経て、ついに出た。ものすごくグラフィックも、ゲーム性も向上した感じで出た。やったあ!

ところで私にはゲームの大好きな幼稚園児の息子がいる。
彼はだいたい一日中ゲームのことを考えて、ゲームのことを話していて、ゲームをやるのも見るのも大好きだ。そして、私がちょこちょこ(世の一般的な大人と比べるとドカドカ)ゲームを買っているのを見ては、そのゲームをやっているところを見たいとせがむ。
しかし残念なことに私がゲームをやるのは、子供を寝かしつけて、皿を洗って、日記とか書いたあとの深夜である。ちなみに深夜まで起きているので、土日はほとんど寝ているし、やはりゲームは深夜にやる。

そういうわけで、以前にもダークソウル3のクリア寸前だと話したところ絶対に見たいと言うので、ゲーム実況風に撮影しておいてやったところ、結構好評だということがあった。で、今回CSD2が発売されたと言ったところ、同じく実況を撮ってくれと頼まれた。個人的にも、前回の実況を撮るというのは、楽しかったという思いがある。また、私は幼稚園児の息子にもましてゲームが大好きなまま三十年以上を生きてきたので、みんなにオススメしたいゲームなどは色々ある。そんなわけで、ゲーム実況チャンネルを作ってみた。

https://www.youtube.com/channel/UCA7yJL7yAjw0vozazBU6PxQ

とりあえず、幼稚園児の彼が父の動画を喜んでくれるうちは、ぽつぽつ投稿してみようかなと思う。彼に冷淡な態度とか取られ始めたらショックを受けるのでやめそう。そんなわけで第一弾のCSD2の動画がコレ。


いつもは動画では敬語で喋っているのだけど、これは自分の子供に向けてのつもりで喋っているので、意識して普段どおりの喋り方をしようとしている(ところどころ変な感じになってるけど)。子供が楽しんでくれると本当に嬉しいなあと思う。